KAJA
MENU

News&Event

イベント
全店吉祥寺店調布店2016.10.20

暮らしを豊かにする、アタ素材のインテリア小物たち

アジアン家具KAJAアタのインテリア雑貨

日常使いにおすすめするには理由がある


アジアン家具KAJAアタのインテリア雑貨コーディネート

インテリアにすっと馴染むアタ製品。その風合いは、天然素材ならでは。だけど、アタ製品の魅力はナチュラルさと、ハンドメイドだけではありません。防虫・防カビに水洗いもできる機能性。天然素材なのに、とっても使いやすいのです。水洗い後はしっかり乾燥させることが必要ですが、汚れても安心なのは、日常使いにぴったりです。

アジアン家具KAJAアタのインテリア雑貨バスケット

流行にとらわれず長く使っていただけること間違いなし。

 

手間ひまかけて作られる伝統工芸品であること


アジアン家具KAJAアタ

熱帯気候で育まれる豊かな植物は、そこに住む人々の手によって日常の道具として活かされてきました。アタ製品は、そんなバリ島のトゥガナン村の伝統工芸のひとつです。アタ製品の材料となる「アタ」は、インドネシアに自生するシダ科の植物。上の画像のように、アタの茎を乾燥させ、4~8等分に裂いてひも状にしたものを、さまざまな形に編み込んでカゴなどの日用品を作ります。

アジアン家具KAJAアタ職人

編みの作業はすべて手仕事。職人が、ひと編み、ひと編み、丁寧に作業を進め、とても丈夫で、きめの細かい編み目ができあがります。何年使ってもこわれにくいのは、手作業だからこそ。

その後、天気の良い日に5日間ほど、屋外で日干しをおこないます。

アジアン家具KAJAアタ天日干し

日干しの次は燻しです。約3日間ほど、燻し加減にムラができないよう、調整しながら燻していきます。ココナツの実を裂いたものと木片を使って燻すため、少し独特のスモークの香りがつきます。そして、ツヤのあるあめ色に仕上がります。この燻しの工程により、防虫・防カビ効果がそなわります。

 

ナチュラルな風合いは、暮らしの豊かさを感じさせてくれる


今ではアタを作れる職人も減少気味。伝統的な製法にこだわって作られるアタ製品は、決して安価ではありませんが、その希少性は年々高まっています。一度使えば、納得のアタ製品。さまざまなものに囲まれた日常で、ナチュラルでハンドメイドのアタ製品は、暮らしの豊かさを感じさせてくれることでしょう。みなさまの日常にも、ひとつ取り入れてみませんか。

アジアン家具KAJAアタのマルチボックス

マルチボックス¥3,283

アジアン家具KAJAアタのティッシュボックス

ティッシュボックス¥4,320

アジアン家具KAJAアタのポプリケース

ポプリケース¥1,296、ウェーブトレイ¥3,672

アジアン家具KAJAアタのインテリア雑貨

ほかにも10月下旬に、これらのアタ製品がまとめて入荷します。


 

 


2016.10.17 11:00 News & Event 調布店
pagetop