KAJA
MENU

Column

コラム
2016.02.13 吉祥寺店

建物から家具への華麗な変身!!

バリの手彫りレリーフの入った建具

こんにちは。今日はぽかぽかあたたかくて、春がきたようです。

まぶしい日差しと、あたたかい空気、バリが恋しくなっている人も少なくないのではないでしょうか♪

バリと言えば、職人技が光る、手彫りのレリーフ。上の写真のように、建物建具にも贅沢にあしらわれていることが多いです。

 

 

アジアのアンティークドアダイニングテーブル

 

このテーブルは、もともとは建物のドアとして使用されていた建具を利用して生まれました。

バリの古民家を解体する際にでる、建具や柱、梁を新たに家具として生まれ変わらせるのはKAJAの得意分野。

KAJAのバイヤーが、アンティークの扉を買い付けて、家具職人にテーブルに仕上げてもらうよう依頼をします。

アジアのアンティークドア

■Antique Door Small Dining Table(W115 D83 H75 cm)

¥90,000(税込¥97,200) → ¥80,000 (税込¥86,400)

日本の住宅にあうサイズのテーブルにする為に、程よいサイズを探すのは至難の業。

建具として愛されてきたレリーフが、国を変え、姿を変え、また長年にわたり愛され続ける、

そんな家具をご自宅のインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう?

個性的だから、一般のおうちには合わないのでは・・・?

と心配されている方!ご安心ください。

KAJAではインテリアのトータルコーディネートサービスを行っています。

 

■納品前の正確なサイズ感の把握が可能!

■トータルのイメージの統一感を実現!

■スムーズな納品までの手続きが可能!

 

などなど、いいことづくしのKAJAのインテリアコーディネート。

お引越しや模様替えをお考えの方は、ぜひ一度ご相談くださいね^^

只今、コーディネートフェアの予約も受付中!!

ご予約はこちらから。

2016コーディネートフェアの案内

 


2016.02.13 13:43 STAFF BLOG 吉祥寺店

News&Event

イベント
pagetop