KAJA
MENU

Column

コラム
2017.08.02

シンボリックな魅力に惹かれる、蓮と睡蓮

南国の蓮の花

こんにちは。今回のコラムは前回に続きお花です。

今日のテーマは「蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)」

アジアンテイストを演出するのによく使われるモチーフですね。

でも蓮と睡蓮は違うお花だということ知っていましたか?

蓮も睡蓮も同じ水生植物で、育つ環境や花姿が似ていることから、過去は同じスイレン科に分類されていたそうです。

しかし、近年ではDNAの塩基配列や花粉構造などを調べた結果、違う植物として位置付けられているんです。

南国の花スイレン

こちらはスイレン↑

いくつか違いがあるそうですが、まず葉っぱが水を弾きません。

花びらは細長く、先端が尖っています。

また比較的、水面近くでお花が咲きます。

南国の蓮の花

一方、こちらがハスの花↑

葉っぱが水を弾きます。

花びらは、ちょっとふっくら。

水面より高い位置に咲きます。

ハスの根が、レンコンになります。

これらの画像はすべて、インドネシアにて、撮った写真です。

南国の蓮の花

ハスの花の歴史は古く、古代インドや古代エジプトでも、記録に残されていて、何かしら象徴的なものとして扱われています。

現に、ヒンドゥー教では、今でも純粋さや善性の象徴とされています。

仏教でも仏様の智慧や慈悲の象徴として、大事にされています。

インド、ベトナム、スリランカの国花でもあるんです。

何かの象徴に使われる、独特の魅力があるのは、わかりますよね。

アジアン家具KAJAロータス石柱ランプ

と、様々な国で愛されているハスの花。

癒しのリゾートインテリアにもおすすめのモチーフです。

KAJAのアイテムにもそんなハスデザインがあります。

受注生産ですが、石柱ランプにハス(ロータス)柄。

アジアン家具KAJAロータス石柱ランプ

こちらのペンダントランプもロータス型。

アジアン家具KAJAロータスランプ

日本でも今の季節が見頃の蓮と睡蓮。

KAJAの近くでは、神代植物公園(蓮)や善福寺公園(睡蓮)なんかがおすすめです。

美しい花に癒されて、リゾート気分に浸ってみるのはいかがでしょうか。

アジアン家具KAJAディスプレイ画像

 


2017.08.02 19:20 DIARY

News&Event

イベント
pagetop