KAJA
MENU

Column

コラム
2018.09.27

リゾート風ベッドルームコーディネートの作り方

アジアン家具KAJAリゾートライクなベッド

こんにちは。急に涼しくなり、暑かった夏もどこへやら。

とはいえ、寝苦しかった夏が終わり、快適に眠れる秋となりました。

ベッドルームといえば、バリ風・リゾート風が憧れ、という方も多いはず。

今回は、そんなベッドルームのリゾート風コーディネートの作り方をご紹介します。

 

1「ベッドスローで華やかさを演出」

 

アジアン家具KAJAリゾート風ベッドコーデ

欧米にて靴のままベッドに上がることから、ベッドの足元に敷かれるベッドスロー。

今ではそういった理由よりも、基本的にインテリアの演出のために置いているのが一般的です。

ファブリックが一枚入ることで華やかな印象になり、ベッド全体が引き締まって見える効果もあります。

アジアン家具KAJAリゾート風のベッドルーム

 

2「ベッドサイドにテーブルランプ」

 

アジアン家具KAJAバリ風のリゾートベッドルーム

ベッドサイドにテーブルランプを置くことで、優しい光で空間が照らし出され、

ゆったりと過ごすホテルらしいベッドルームになります。

ベッドの両端にシンメトリーに配置するのもオススメです。

 

3「アートを飾る」

 

アジアン家具KAJAリゾートスタイルのベッドルーム

趣味で集めたアートに囲まれて眠るのは幸せなひととき。

壁に自分のお気に入りを飾れば、自分だけの特別な空間に。

ベッドの上の壁は、実はアートを飾るのに最適なスペースです。

 

4「色彩には統一感を」

 

アジアン家具KAJAリゾートライクなベッド

海外リゾートには、華やかできらびやかなベッドルームもありますが、

一般的にご自宅に置くにはベッドはサイズも大きく、思った以上に存在感が出ます。

コンパクトな空間でもゆったりと見せるには、壁の色に合わせてファブリックも統一するなど、

色使いに注意して空間にベッド自体をなじませてしまうと、圧迫感が軽減されます。

 

5「足元にベンチを」

 

ホテルでは、スーツケース広げる時に使えるようだったり、

ベッドから布団がずれてしまうのを防ぐ意味があるようです。

また、着替えのときにちょっと腰掛けるのに使います。

両端が持ち上がったデザインのアジアのカルティニベンチは、ベッドの足元に置くにもオススメです。

 

6「天蓋とドレープを使う」

 

やっぱりアジアンリゾートのベッドといえば、天蓋。

ベッドルームを上品でエレガントな雰囲気に演出してくれるアイテムです。

最近は自分で布をドレープ上に吊るして、雰囲気作りすることも。

 

いかがですか。

一日の1/3を過ごすと言われているベッドルーム。

快適に眠るため、インテリアにも気遣いたいものです。

ただ眠るだけの部屋と思わずに、ベッドルームのインテリアにもこだわりを持つと

リゾートのような暮らしがきっと待っています。

KAJAでは、ベッドルームのコーディネートも承ります。

 

 

 


KAJAコラム


2018.09.27 12:34 DIARY

News&Event

イベント
pagetop