ibuibu
Factory

SCROLL

PROJECT

Women shine
at work

インドネシアの女性たちが
笑顔で輝ける職場。

ibuibu Factory(イブイブ ファクトリー)はインドネシアのジャワ島にある小さな小さな工房です。
そこでは、優秀な裁縫の腕を待つ数名の女性が働いています。
“ibuibu”とはインドネシア語で「おばちゃん」のこと。つまり、女性が大いに活躍できる職場なのです。

様々な境遇に立つ女性たちが働く小さな工房、決して大量生産はできないかもしれません。
それでも彼女たちが丁寧に一つ一つ作り上げるファブリック製品に、
あたたかさと懐かしさを感じずにはいられません。

まだまだ女性が働くことが容易ではないインドネシアで、女性たちが自立し、
笑顔で働ける場所を生み出したいという想いから誕生したのが、このibuibu Factoryです。

FACTORY

支え合って、継続する。

民家に混じってひっそりと存在するのが、ibuibu Factoryの工房兼住居です。そこに置かれた、大切に使い込まれたミシンや生地サンプルの数々。長年裁縫に携わってきたことが伺えます。この小さな工房で、数名の女性たちが支え合いながらたくさんのファブリック製品を生み出してきました。時には、作業着を作ったり、最新デザインでクッションを製作したり。裁縫への思いを大切にしながら、製作を進めています。

HISTORY

始まりは、
小さな一歩から。

2008年、吉祥寺のインテリアショップKAJAのバイヤーとして活躍していた一人の日本人女性が、インドネシアのジャワ島で暮らすWinwinとButetに出会いました。彼女たちは足に障害を持ちながら、裁縫をして懸命に生活を送っていました。体のハンディキャップを物ともせず、笑顔でモノづくりと真剣に向き合う彼女たち。

当時のインドネシアは、ハンディキャップを持った女性が働くことが難しかった時代。そんな状況を少しでも変えられる、小さな一歩になることを願い、彼女たちと共にibuibu Factoryという工房を立ち上げました。

About Indonesia

豊かな自然と、
人の笑顔が息づく場所。

バリ島を始め、リゾート地としても有名なインドネシア。
豊かな自然と洗練されたデザインが融合したリゾートホテルの数々は
訪れる人々の心を解放し、癒しを与えてくれます。

インドネシアはリゾート以外にも、たくさんの魅力を持っています。
その一つは、その土地から生まれた豊富な自然素材。
天然の木材や石材は、熟練の技術を持つ職人によって、家具やアートへと生まれ変わります。

また、親日国であるインドネシアの人々は、親しみやすく協力的なことも特徴です。
大熊工業のモノづくりは、こうしたインドネシアのスタッフや職人たちに支えられています。

Contact

ibuibu Factoryに関するお問い合わせはこちら

電話でお問い合わせ

Tel:042-469-50609:00〜17:00(土・日・祝除く)

メールでお問い合わせ
お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせの内容必須