職人の技が光る、木彫りのダイニングテーブル | KAJA
KAJA
MENU

Column

コラム
2014.07.29

職人の技が光る、木彫りのダイニングテーブル

こんにちは。

アジアンリゾートファニチャー吉祥寺本店、郷です。

昨日、今日と湿度が下がり、ちょっと過ごしやすくなっているように感じます。

とはいえ、まだまだこれからが夏本番、調布店スタッフが紹介した暑さ対策法で熱中症を予防してみましょう!!

そんな調布店の木脇が、昨日素敵なチーク材のダイニングテーブルをブログでご紹介していましたね。

今日は、同じチーク材でありながらも、ちょっと表情の違うダイニングテーブルをご紹介します。

kaja-COZ15-140729.jpg

こちらは、チーク材を贅沢に使用した、アジアン家具の中では代表的なデザインを用いたダイニングテーブルなのです。

UKKO/レリーフダイニングテーブル(COZ-15)

サイズ:W140 D85 H75cm

価格:¥90,720(税込)

おや?何が、アジアンなんだって?

ご注目頂きたいのが、こちらの天板のデザイン!!

kaja-COZ-15-140729t.jpg

見事なレリーフが天板に彫り込まれています。

レリーフと言うのは、木彫りのこと。

KAJAの家具に使用されているレリーフは、全て職人さんが手作業で彫っています。

まさに職人技ですね。

しかも、デザインだけでなく、使用している塗装にも注目。

こちらは、シェラックという天然塗料を用いて塗装されています。

シェラックと言うのは、カイガラ虫が出す分泌液を精製してできたものです。

シェラックの最大の長所と言うば、人体に対する影響が少ない事。

医療品や食料品にも使用されます。

みなさん良く知っている、粒状チョコレートのつやつやのコーティング、あれもシェラックが使われている事も。

私がインドネシア出張に行った際に、実際に塗装風景を見学させてもらいました。

何度も、何度も、丁寧に塗り重ね、深みのある色に仕上げていきます。

決して、べたべた塗らないので、ちゃんと木目がみえるのもKAJAのこだわりのひとつ。

kaja-tosou140729.jpg

↑これは、私が出張に行った時に、実際に塗装の体験をさせて頂いた時の様子。

おそるおそるですね。懐かしいなぁ。

そんなKAJAの歴史が詰まった、環境にも人にも優しい

レリーフダイニングテーブルは実際に見るのが一番です。

現在、店頭のみで販売ちゅう♪

展示状況は、ご希望の店舗までご連絡くださいね♪

chizu-kichijoji.jpg

吉祥寺店お電話:0422-23-8337

chizu-chofu.jpg

調布店お電話:042-469-8260


2014.07.29 15:52 KAJA BLOG

News&Event

イベント
pagetop