KAJA
MENU

Column

コラム
2015.08.19

シェルを取り入れて毎日をリゾートに

KAJA調布店の香野です。

「リゾート」をテーマにお部屋作りをされる際に、最もおすすめの方法があります。

それはシェルを生活に取り入れてみること!

 

KAJAでも大人気のシェルシリーズですが、そもそもどのような貝殻を使用してるの?って思った事はありませんか?

当店で使用をしているのはインドネシア原産の「カピスシェル」と呼ばれるもの。

主にジャワ島北西部で獲れたものを使用しています。

カピス貝の写真

現在では色々なお店でみかけるカピスシェルですが、フィリピン産のカピスシェルが多いです。

インドネシアのものは、フィリピン産のものよりも貝殻が厚く、製品化に向いています

当然一枚一枚大きさが違えば、模様も違ってきます。海を連想させる貝は、リゾート感を取り入れるのにもってこいのアイテムなんですね

 

シェルの写真シェルの写真

シェルを使用した代表的なアイテムといえばランプ

シェルの写真

光に照らされたシェルをアップにしてみました

一枚一枚違った表情ですね。天然素材の一番面白いところです。

  

シェルの写真

KAJAのシェルシリーズの中でも最も人気のあるペンダントランプ

まるでアクセサリーのようです お部屋を照らす為のランプではなく、お部屋を「飾る」ためのランプです

 

シェルの写真

こちらは小皿です。よく見ると光が反射して虹色の模様に見えます

小さいですが、洗練されたアイテムです

シェルの写真シェルの写真

一風変わった雰囲気を持つこちらはシェルをフレームに使用した鏡です

壁に取り付けられるように、後ろに金具がついています。

これ全部手作業で貝を接着しているんですよ。気の遠くなるような作業の上で完成するんでしょうね。

職人の達成感もすごそうです!

 

シェルの写真シェルの写真

ホワイトかゴールドか、色をどちらにしようか

お客様が一番迷うポイントなんです

どちらの方が人気でしょうか? 

 

シェルの写真

このように洗面に取り付けて使用すると、まるでホテルみたいなゴージャス感が出ます。

サイズも小さいものから姿見まで、KAJAでは様々なサイズを取り扱っていますので、是非実物をご覧下さい。

こちらのシェルミラーシリーズは今月末に入荷を予定していますので、今ならすぐに手に入ります。

品切れしている事も多いので、なかなか手に入らないですよ

  

カピスシェル、それは海からの贈り物です

自然を最も感じることのできる最高のリゾートアイテムだと私は思います

 

KAJA吉祥寺本店 TEL 0422-23-8337

吉祥寺店の地図

KAJA調布倉庫店 TEL 042-440-8260

調布店の地図


2015.08.19 17:41 KAJA BLOG

News&Event

イベント
pagetop