KAJA
MENU

Column

コラム
2019.01.07

個性豊かなKAJAのバイヤー紹介!

KAJAは主にインドネシアからの直輸入で商品を取り揃えています。

そんなKAJAの商品を買い付けるのは、バイヤーの仕事。

これからこのコラム「わたしたちバイヤーの買い付けエッセイ」では、KAJAのバイヤーたちの買い付けエッセイをお届けします。

今回はその買い付けエッセイに登場する個性豊かなバイヤーたちをざっくりご紹介します。

アジアン家具KAJA買い付け風景バイヤーたち


・名前: 木佐貫 剛

・お店: 湘南平塚店

・KAJA歴: 2年

 

アパレル出身。古着屋さんでの販売経験から、セレクトショップの店長、バイヤーと経てKAJAに入社。ヴィンテージ古着に目がなく、一日中服屋巡りをしても飽きないほど。サイズに合わない服は自ら改良、リメイクして着こなすおしゃれさんです。

 

海外経験は一番少ないので、旅先での体調管理が課題なんて言われています。

アジアン家具KAJA買い付け座り心地チェック

また、プライベートでは2児の父。子供には甘く、出かけるたびにお菓子屋おもちゃを買ってしまうとか。そんな子煩悩なところは買い付けでも親目線でのセレクトに役立っているはずです。

 


・名前: 和田 史恵

・お店: 調布店

・KAJA歴: 5年

 

大学卒業後、渡米。カリフォルニア州立大学リバーサイド校にてビジネスマネジメントを修了。3カ月間フィルムコミッションでインターンとして勤務し、帰国後にKAJAに入社。

 

英会話が堪能なので、買い付け時にも頼られることが多く、英語はツールとして以上に言語学として好きという達人レベルです。バイヤー業務のかたわら輸入業務もこなしています。

アジアン家具KAJA買い付けのひとこま

趣味はもの作りで手芸全般はだいたい網羅しています。自作のアクセサリーはKAJAの女子たちにも人気が高く、手先の器用さで右に出るものはいません。そんなもの作りの精神は、商品開発の際の指示出しにも役立っているとか。

 


・名前: 大島 創太

・お店: 吉祥寺本店

・KAJA歴: 13年

 

某インテリアショップを経てKAJAに入社。インテリア業界歴は一番長く、その経験を生かして家具の買い付けを行なっています。KAJAではメインのインドネシアの他、タイやインド、イタリアへ赴いたことも。インテリアだけではなく、映画やサッカー観戦好きのインドア派。特に欧州がサッカーシーズンになると寝不足気味です。

アジアン家具KAJA買い付けのインドネシア交流

メインはこの3人です。

これからKAJAの商品がどんな風に買い付けられているか。直輸入ならではの難しさや、おもしろさを交えてお伝えしていきます。

 

 

 


2019.01.07 18:55 DIARY

News&Event

イベント
pagetop