KAJA
MENU

Column

コラム
2019.01.12

買い付けのお目当てはBOHOスタイル!

アジアン家具KAJAバイヤー紹介

和田:みなさんこんにちは。

1月後半から、KAJAの各店舗に、

バリから届いたばかりのオブジェや

インテリア小物がどっさり入荷します。

どれもバイヤーの和田と木佐貫が

自信を持って現地で買い付けてきたものばかり。

ちなみに、写真の赤い方が和田で、黒い方が木佐貫です。

 

木佐貫:今回は、リゾートのような暮らしの

アクセントになるアイテムはもちろんのこと、

BOHO(ボヘミアンとニューヨークのソーホー)を意識した

「新しいKAJAのスタイル」をテーマに買い付けをしてきました。

インテリアをセンスアップしてくれるモノトーンアイテムがたくさん!

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付け画像2

和田:木佐貫さんは海外の買い付けは初めてでしたよね。

木佐貫:そうなんです。

いやー、恥ずかしながら最悪の体調で現地入りしたので、

正直どうなることかと。

現地で調達した薬が効果を発揮してくれて助かったのと、

何より、バリの職人さんが手がけた魅力的なアイテムを見たら、

気分が上がりました。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けインタビュー

和田: 確かに現地に降り立った時はちょっとやばそうでした…(笑)。

木佐貫さんは、アパレルのバイヤーの経験があるので、

流行に敏感だし、いろんなことにアンテナを張ってますよね。

今回の買い付けでは、そのセンスを生かして

木佐貫さんメインで商品をセレクトしてもらいたかったので、

体調が回復して本当に良かった!

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けインタビュー2

木佐貫:僕は、和田さんの語学力と海外買い付けの経験値が頼りでした!

どんなに心強かったことか…。

和田: KAJA らしいアイテムを求めて、3日間みっちりと、

芸術の村ウブドと、洗練された街スミニャックを走り回りましたね。

さあ、このコンビでセレクトしてきたアイテムを

どんどん紹介していきましょう!

木佐貫さん、まずどのアイテムからいきます?

木佐貫:出会った瞬間これだ! と思ったのは『バッファローヘッド』。

BOHOスタイルのインテリアのアクセントになるなと

すぐにイメージできました。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けたバッファローヘッド

バッファローや牛の頭骨に施された繊細な透かし彫りが美しくて、

これはまさに職人技ですね。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けたバッファローヘッドのディスプレイ光景

和田:大きなものだけでなく、こぶし大の小さなサイズも仕入れてきたので、

ちょっとしたスペースのインテリアにも取り入れてほしいですよね。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けたバッファローヘッド店頭

木佐貫:そして、「この子は絶対日本に来たがっている!」

と感じたのが『トラジャオブジェ』。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けたトラジャのオブジェ

なんとなく日本のこけしと通じるような愛らしさがありつつ、

ライムストーン(石灰岩)で作られているので重厚感もある。

ハンドメイドで一つ一つ形や表情が異なるのも魅力です。

この『トラジャオブジェ』は、

別の日にもう一度同じ店に行って買い足したほど惹かれました。

 

和田:確かに、オーストラリアやヨーロッパ人がオーナーの

スミニャックのおしゃれなセレクトショップでもよく見かけましたね。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けセレクトショップ

木佐貫: そして、この『ミラーオブジェ』も、

そうしたセレクトショップで見かけて

日本に連れて行きたいと思ったアイテムでした。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けミラーオブジェ

どこで仕入れたらいいかわからなかったけど、

他の商品を仕入れに行った時、偶然その隣の店にあった!

愛らしい海の生物やパイナップルがモチーフ。

両手のひらに収まるくらいの大きさのミラーなので、

いくつか組み合わせてスタイリングしてもいいかなあと。

 

和田:あと、職人さんの工房に直接お邪魔して買い付けた

『アイアンウォールアート』にも、ぜひ、注目してほしいです。

しなやかなラインを描いて泳ぐ魚の群れをモチーフにした

ユニークなオブジェ。

職人さんに相談して、KAJAだけのオリジナルカラーを

発注することができました。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けウォールデコ

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けウォールデコ販売店

木佐貫:現地で見たものは黒くてピカピカした塗装だったけど、

素材の木目を活かしたものと、

シャイニーオレンジの塗装をして

コッパー(銅)素材に見えるようにしたものと2色をオーダー。

職人さんのフレキシブルな対応に驚きました。

和田:職人さんへの細かい指示は、下の写真に登場している

KAJA現地スタッフのアンディ&リサ夫妻に

インドネシア語でサポートしてもらえたので助かりました。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付けインドネシアスタッフ

実際に手を動かしている職人さんや、

仕入れ先の人懐こいおじさんたちと

コミュニケーションを密に取ることが、

オリジナル性の高い商品にたどりつく近道なのかなと。

これこそ現地買い付けの醍醐味と言ってもいいかもしれません。

アジアン家具KAJAバイヤーの買い付け相談写真

木佐貫:なるほどぉ。

僕、関西出身なんですけど、今回の買い付けで感じたのは、

仕入先のおじさんたちのノリが関西っぽいなあと(笑)。

それにしても、今回の買い付けは、

やはり和田さんの語学力や経験値に助けられました。

ぜひ、次回も一緒に買い付けに行かせてください!

 

和田:それはどうかな…。

 

木佐貫:えっ!!!

 

和田:フフフ〜。

さて、次回は、今回紹介したインテリア雑貨の

ディスプレイアイデアを紹介します。

どうぞご期待ください。︎

 

そして、和田は KAJA調布店スタジオ&ファクトリーで、木佐貫はKAJA湘南平塚店で皆さんのご来店をお待ちしています。

ぜひ、遊びに来てくださいね。


2019.01.12 11:00 DIARY

News&Event

イベント
pagetop