KAJA
MENU

Column

コラム
2018.03.06 吉祥寺店 湘南平塚店 調布店

量産できないバリ島の恵み。いくつあっても嬉しいアタ小物

アジアン家具・雑貨KAJAイメージ画像

こんにちは、オンライン担当です。

ようやく春めいてきましたね。

さて、3月となりましたが、KAJAは先月に続き入荷ラッシュです。

そんな入荷ラッシュの中から、今日はバリ島の定番雑貨として人気のアタ雑貨について!

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタ小物

アタとは、インドネシアに自生するシダ科の植物のことです。

アトゥとか、アッタとも発音します。

アタの栽培は難しいため、自生しているものを採取してアタ製品は作られます。

最近ではこのアタが不足していて、どんどん希少な材料になってしまっています。

インドネシアにしかない素材なのです。

だから、真似ようにも真似られません。量産できない製品です。

最近は、バリ島ではなくロンボク島のケタックという素材でも同じ製品が作られていますが、それもインドネシア内のこと。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタ小物

そんなアタ、葉を取り、茎の部分を乾燥させて使います。

こちらがその状態。

アタ製品のアクセントとして、黒で模様をつけたりしますが、この黒いところは根の部分。

↑先が黒くなってますね、この部分を使ってます。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタ小物

アタはひと目、ひと目すべて手編み。

ひとつの製品を編むだけで数日かかることもあります。

このアタを編む職人も経験がなくてはできません。貴重な職人技です。

編み込んだ製品は、屋外で日干し。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタ

その後、燻します。スモークです。

この時ココナツの実を使った煙で燻すため、独特のスモーキーな香りがつきます。

この燻し作業が、防虫・防カビにつながります。

ここまで約2週間、雨季はもっとかかって、製品が仕上がるそうです。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタ小物

アタはアジアでよく見られるカゴやバスケットの中でも、その細かな編み目と艶やかな素材感が上品とされ、根強いファンを持っています。

特にアタの幅が細いほど、編目が細かければ細かいほど、高級とされます。

↑上のバスケットは、とても編みの細かい高級ランクの仕上がりです。

ごく限られた腕の良い職人だけが、製作することができます。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタのあるお部屋

お部屋の片隅に置いておくだけでも、ナチュラルな雰囲気をもたらしてくれるアタ製品。

確かに同じアジアン素材でも、バンブーやシーグラス、ラタンとはひと味違う個性を持っています。

アタだけにしかない編みの細かさと仄かな香り。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタ小物

アジアン好きなら、ひとつは持っていたいアイテムです。

いや…いくつあっても嬉しいアタ小物。

日常使いにぴったりなランチョンマットやコースター。

インテリアデコレーションにもなる大きなバスケットや、

見せる収納にもオススメのボックスやバスケットなど。

3月中旬に続々入荷、お店に並びます。

アジアン家具・雑貨KAJAバリ島のアタを運ぶひと

 

 

 


KAJAスタッフ
オンライン担当:須賀


2018.03.06 13:14 KAJA BLOG 吉祥寺店 湘南平塚店 調布店

News&Event

イベント
pagetop