KAJA
MENU

Column

コラム
2019.04.14 吉祥寺店 湘南平塚店 調布店

最新!ミラノデザインウィーク2019フォトレポート!

インテリアショップKAJAミラノサローネ2019レポート

こんにちは。ミラノ帰りのオンライン担当です。

今日はミラノデザインウィーク2019の情報をいち早くご紹介!

建築事業部KAJA  DESIGNと一緒にミラノサローネ&デザインウィークの研修に行ってきたのです。

インテリアショップKAJAミラノサローネ2019レポート

ミラノサローネは、世界中の2000以上の企業が家具を発表する最大規模の見本市です。それと同時に、ミラノの街全体がデザインウィークとして盛り上がり、至る場所でインテリアイベントが開催されます。それがミラノデザインウィーク。ミラノの芸術的な遺産と、新しいデザインが溶け込み街と一体化した特別な一週間となります。

インテリアショップKAJAミラノデザインウィーク2019レポート

今回は展示自体が特に印象的だったブランドを紹介しつつ、今後のKAJAブランドに活かしていきたいと思います。

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、パオラレンティカラー

こちらはpaola lenti(パオラ レンティ)倉庫のような建物の中すべてが今回だけの特別展示空間に。天井やバックヤードはまさに倉庫そのもの。なのに、床と照明だけで一気に展示空間に仕上がっています。予算のかけ方も日本とは比べものにならないほど。

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、パオラレンティブルー

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、パオラレンティ

そして広い建物内それぞれにカラーごとにまとまった展示スペースが次々と現れます。インテリアに興味のない人でも、ワクワクしてしまう、色使いのセンスと豊かさ。インテリア自体がアトラクションのようなエンターテイメント性を感じました。

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、パオラレンティ3


インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、ルイヴィトン入り口

言わずと知れたLouisVuitton、ミラノのパラッツォ・セルベローニにてルイ・ヴィトン オブジェ・ノマド コレクションの新作を特別展示しています。歴史的なミラノの石造りの建物とデザイン性の強い家具との調和がなんとも言えず。華やかさの中に荘厳さが感じられる独特な世界が広がっていました。

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、ルイヴィトン展示

インテリアショップKAJAミラノサ2019レポート、ルイヴィトン展示3

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート、ルイヴィトン展示2


インテリアショップKAJAミラノ2019レポートmoooi入り口

インテリアショップKAJAミラノ2019レポートmoooi東京ブルー

moooi、デザイナーのマルセル・ワンダースらが始めたオランダのブランド。今回の新作展示の中にはTOKYO BLUEと名付けられた藍染めのシリーズが!しかも猿のキャラクターが使われています。日本の伝統的な藍染めは、染め重ねれば重ねるほど、藍色は赤みを帯び輝きを増すと言われています。その様子を温泉に浸かる赤い顔をした猿に重ねて、猿のキャラクターになったとのこと。ただのユーモアではなく、しっかりした裏付けがあってこそのデザインです。

インテリアショップKAJAミラノ2019レポートmoooi展示

インテリアショップKAJAミラノ2019レポートmoooi


インテリアショップKAJAミラノサ2019レポート、B&Bインスタレーション

B&B、世界的なイタリア・モダンのインテリアブランド。今年の2019年は、1969年にデザインされた「UP5&6」というチェア(ソファ?)の50周年ということでサローネ会場だけなく、ミラノの中心部ドゥオモ広場でもインスタレーションが展開されていました

インテリアショップKAJAミラノサローネ2019レポート、B&B展示

この形状は球形のフットレストに結び付けられた想像上の女性の身体で、「男性の偏見」のイメージとされています。昨今のMeToo運動に始まる、女性軽視の流れを汲み取る形で、50年経っても、そのテーマは引き続き話題となり、女性の存在が脅かされていることへのメッセージが含まれているそうです。サローネ会場では、そのフットレストが宙に浮いていました。

インテリアショップKAJAミラノサ2019レポート、B&B展示

と、まだまだ…まだまだ印象的な展示は他にもたくさん!山ほどありましたが、今回はこの辺で。

インテリアショップKAJAミラノ2019レポート街並み

とにかく、インテリアやデザインが文化や芸術と混ざり合い、その価値が社会的にもきちんと認められていると感じたミラノのデザインウィーク。

まだ少し肌寒い石畳みの市街を歩きながら、その大きなパワーを少しでも日本に持ち帰れればと思ったのでした。

また、ミラノサローネのトレンドカラーについてや、トレンドのデザインについてなどは追って、KAJA  DESIGNとも合わせてご紹介できればと思っています。お楽しみに。

 

 


KAJAスタッフ
オンライン担当:須賀


2019.04.14 19:50 KAJA BLOG 吉祥寺店 湘南平塚店 調布店

News&Event

イベント
pagetop