KAJA
MENU

Column

コラム
2020.11.07 ブログカテゴリー 調布店

現地から調布Factoryまでの旅路

こんにちは。オンライン部門へ配属になり早一ヶ月。
新商材が入荷する毎に、気持ちが落ち着かない冨来です。

今回、商品が入荷し店頭やオンラインショップに並ぶまで、どのような工程を踏んでいるのか、裏側をちょっとだけご紹介したいと思います。

先ずは写真をご覧ください。
重厚なアルミ、スチールなどで囲われたコンテナが、調布Factoryの前に停車しています。

既にお分かりになられたと思いますが、現地で製造した家具たちが、現地のスタッフに梱包、荷積みされ、長い旅路を船に乗ってコンテナ毎やって来ます。

天候によって船の到着状況も変化します。
台風なんて来た日には・・・でも、大抵はスケジュール通りに運んでくれます。
海運業界の皆さまには、ほんとうに感謝です。

重厚な扉を開けると、お客様からご注文いただいた品やこれから店頭に並ぶ新商品がぎっしり積まれています。隙間なくパンっパンっ!

さぁここからは男子チームが、ガシガシ商品を下ろしていきます。(もちろん丁寧かつ慎重に!)

フロアマネージャーの手際良い指示で、あっという間に荷下ろしが完了!

よし終わった!! いやいや終わりません。

ここから、開梱作業を始めます。商品に傷がないか、発注した内容が合っているかなど、全ての商品を確認していきます。

お客様の手に届く前に、私たちの手で触り、目で確認すること。
私たちの強みはここにあります。

工場のようなライン生産では決してできないことです。
一つ一つが人の手で作られているため、自然素材を生かした個々の風合いが魅力となります。

よって一度に数多くの商品を作ることはできませんが、職人達が想いを込めて作った家具たちの魅力を、私たちは様々なチャンネルをつかって皆様にお届けしています。

普段お客様が見ることのできないところを、少しずつお届けしていければと思います。

 


 

KAJAスタッフ
オンライン担当:冨来

2020.11.07 10:29 KAJA BLOG ブログカテゴリー 調布店

News&Event

イベント
pagetop